名刺印刷のアルファプリントサービス

名刺交換のマナー

名刺データ入稿ならアルファプリントサービス。翌日仕上げのスピード名刺印刷でお客様をサポート。オリジナルデータ入稿ならビジネスに効く、名刺をお作りいただけます。

名刺交換のマナー
正しい名刺交換の仕方を、あなたはマスターしていますか?新入社員であれば多少の失礼は笑って許されても、入社数年も経っていれば、エチケット違反。名刺は大切なビジネスツール。失礼がないよう大事に扱われなくてはなりません。もう一度ちゃんと復習してみませんか?名刺交換は、お仕事の基本中の基本です。
STEP.1
あらかじめ名刺入れを手元に用意しておき、すぐに名刺を取り出せるようにしておきましょう。
目下あるいは訪問者の方から相手に近づき、先に名刺を出します。
もし先に目上の人に先に名刺出されてしまった場合、「遅れまして申し訳ございません。」と断って受け取り、すぐに自分の名刺を差し出します。
着席していても、名刺交換は必ず立ち上がってするのがマナーです。

STEP.2
名刺を片手で持ち、もう片方を添えながら、相手に正面を向けて差し出します。このとき社名・部署名・フルネームを「○○の△△と申します」と名乗ります。この時、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すことで、謙虚さを表すことができます。また、相手の顔を見て、にこやかに渡すのも忘れずに。

STEP.3
お互いに同時に名刺を差し出している場合は、お互い右手で差出し、左手で受け取ります。
受け取ったら、すぐに右手を添えるようにします。相手の名刺を受け取ったら、「頂戴いたします。よろしくお願いいたします」と答えます。このときに、「珍しいお名前ですね。何とお読みすればよろしいでしょうか」「素敵なお名前ですね」など一言添えると、緊張した空気も和らぐでしょう。ただし、こうして会話を交わす時も、基本的に名刺は胸より上の高さでキープ。

STEP.4
受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまわないようにしましょう。名刺入れの上に併せて持ち、テーブルがある応接室などの場合は、椅子に座った後にテーブルの上に名刺入れ、名刺の順に積み重ねておきます。
名刺をしまうタイミングは、その場の雰囲気によって判断します。基本的に、「相手の名前を覚えるまで」ですが、大体の場合、テーブルに置いた名刺を名刺入れにしまう動作は、打ち合わせや商談がそろそろ終わるという時の合図になります。名刺をしまうタイミングは周りの人に合わせておけば間違いないでしょう。
相手が何名かいて、すぐには全員の名前を覚えられないときは、机の上に、相手が座っている順番に並べると顔と名前が一致して、覚えやすくなります。
スピード名刺印刷
平日午後7時までの名刺ご注文で翌営業日出荷のスピード印刷。
名刺の追加注文はこちら
名刺はPPケースでお届け
名刺は100枚毎に中身が一目でわかり、折れや汚れをガードするプラスチックケースにお入れしてお届け。
弊社では、富士ゼロックス製プロダクションオンデマンド印刷機を使用しています。
肩書きの英語表記について
名刺交換のマナー
名刺印刷のトップメーカー、アルファプリントサービスでは、オンデマンド印刷ならではのスピード印刷でご提供。名刺印刷データ入稿なら、お得で便利なサービス満載のアルファプリントサービスにお任せください。
株式会社アルファプリントサービス
〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-23-6 KAMAYAビル5F AM10〜PM
6 土・日・祝日定休
TEL:03-6672-7410 FAX:03-6686-5121
名刺印刷に関するお問い合わせ 運営会社
 ←名刺印刷トップページへ
はがき印刷引越しはがき結婚入籍報告はがき往復はがき封筒ビジネス挨拶状二次会ブライダル新聞年賀状印刷喪中はがき暑中見舞い表彰状
特定商取引法の表示
Copyright (C) ブライダル新聞結婚式演出年賀状印刷アルファプリントサービス All rights reserved.
ブライダル新聞